ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
  • ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
  • ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
  • ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
  • ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
  • ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
  • ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
  • ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
  • ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
  • ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
  • ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング

ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング
fms_ゲノム医療時代の遺伝カウンセリング.zip

¥198,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(2524026 バイト)

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「medicaleducation.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「medicaleducation.co.jp」を許可するように設定してください。

Product Info

遺伝カウンセリング、自分には関係ないことと考えていませんか?

 ゲノム医療の進歩により、今や遺伝子検査から多くのことがわかるようになりました。
 遺伝子検査は、がん患者さんにしか関係のないこと、遺伝性腫瘍を標的としたがん治療薬を扱う製薬企業のMRにしか関係しないこと、と考えていませんか?しかし、これからのゲノム研究の発展に伴って、糖尿病、高血圧、アレルギーといった多因子疾患の解明が進むと、自身が担当する疾患領域で遺伝学的検査や遺伝カウンセリングが必要となるかもしれません。
 この教材では、認定遺伝カウンセラーとしてご活躍中の 鈴木美慧 先生へのインタビューも盛り込み、遺伝子検査を巡る倫理的・社会的課題や遺伝カウンセリングの重要性を考えていきます。

教材仕様

フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
備考28枚 解説ノート付
発行月:2019年6月(2021年8月改訂)

目次


◆遺伝カウンセリングの基礎知識
 ◎遺伝子の検査とは
  遺伝子関連検査の分類と定義
  遺伝学的検査の分類
  遺伝情報の特性
 ◎遺伝カウンセリングとは
  国内での遺伝カウンセリングの普及に向けた経緯
  遺伝子診療のプロセスと体制の例
 ◎遺伝カウンセリングの現状
  がんゲノム医療中核拠点病院、がんゲノム医療拠点病院の遺伝カウンセリングに関する指定要件
  遺伝カウンセリングに関する診療報酬
  遺伝カウンセリングを巡る診療報酬上の問題点
◆遺伝子の検査に伴う倫理的・社会的課題
 ◎消費者向け(DTC)遺伝子検査ビジネスへの懸念
  DTC遺伝子検査ビジネスの流れ
  遺伝子検査ビジネスを行っていると回答した機関が実施している検査項目
  DTC遺伝子検査ビジネスに関する課題
  遺伝学的検査実施に際し確認すべきこと
 ◎がん医療における遺伝子パネル検査
  薬事承認を受けたがん遺伝子パネル検査
  がん遺伝子パネル検査の流れ
 ◎「知る権利」と「知らないでいる権利」
  自身の遺伝情報を知りたいと思いますか
◆認定遺伝カウンセラーに聞く
 ◎認定遺伝カウンセラーへの取材から
  聖路加国際病院の遺伝カウンセリング症例数
  BRCA1・BRCA2 遺伝子変異がある場合の関連するがん生涯罹患率の比較
 ◎MRの皆さんへ
◆出典

個人利用:〇 組織利用:〇 改変:〇 マスタデザイン変更:無料 ※注1

個人による公衆送信への利用が可能です。
ご自身のセミナー・講義、動画配信などでも活用いただけます。
医療機関、製薬企業、大学など、企業・団体の組織内での利用については、eラーニング使用、オンライン講義など、組織内配信を対象とした送信権も含みます。ただし、組織外を対象とした配信はできません。
著作権は放棄していませんが、コンテンツの追加、改変も可能です。
ご希望があれば、教材のマスタデザインを無料でご指定のものに切り替えて納品いたします。
※注1 マスタデザイン変更に対応していない商品もあります。

グラフィック・メディスンで学ぶ倫理カテゴリのコンテンツは上記適応となりません。

通報する

関連商品

Copyright © 倫理教材Lab.(ラボ). All Rights Reserved.