免疫アレルギー疾患研究のこれから
  • 免疫アレルギー疾患研究のこれから
  • 免疫アレルギー疾患研究のこれから
  • 免疫アレルギー疾患研究のこれから
  • 免疫アレルギー疾患研究のこれから
  • 免疫アレルギー疾患研究のこれから
  • 免疫アレルギー疾患研究のこれから
  • 免疫アレルギー疾患研究のこれから
  • 免疫アレルギー疾患研究のこれから
  • 免疫アレルギー疾患研究のこれから
  • 免疫アレルギー疾患研究のこれから

免疫アレルギー疾患研究のこれから
fms_免疫アレルギー疾患研究のこれから.zip

¥198,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(608099 バイト)

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「medicaleducation.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「medicaleducation.co.jp」を許可するように設定してください。

Product Info

国民の約2人に1人が有するアレルギー疾患

2018年12月、国は「免疫アレルギー疾患研究10か年戦略」を発表しました。本戦略では、10年後の目指すべきビジョンとして、免疫アレルギー疾患の「発症予防・重症化予防によるQOL改善」と「防ぎ得る死の根絶」のために「疾患活動性や生活満足度の見える化」と「層別化医療および予防的・先制的医療の実現」が掲げられています。
このビジョンをヒントに10か年戦略を読み解き、免疫アレルギー疾患領域で製薬企業に期待される医薬品開発の道筋を捉えましょう。

教材仕様

フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
備考:31枚 解説ノート付
発行月:2019年9月

目次


◆免疫とアレルギーの概要
 免疫とアレルギーは表裏一体
 免疫反応に働く細胞
 アレルギー反応の仕組み
 アレルギーの分類と代表的な疾患
◆アレルギー疾患対策の経緯
 アレルギー疾患に対する国の取り組み
 アレルギー疾患に関する主なガイドライン
 アレルギー疾患の有病状況の変化
 いまだゼロでないアレルギー疾患関連の死亡者
 対策基本法の基本理念に基づく研究戦略
◆10か年戦略が示す医薬品開発研究の道筋
 日本の免疫アレルギー疾患研究の問題点
 10か年戦略の対象疾患
 10か年戦略の10年後のビジョンと戦略・目標
 「防ぎ得る死」ゼロの実現のために
 戦略3で推進される4つの研究―①②
 戦略3で推進される4つの研究―③
 戦略3で推進される4つの研究―④
 抗体医薬品への期待
◆Precision Medicine(プレシジョン・メディシン)とは
 「Precision Medicine」の広がり
 免疫アレルギー疾患でのPrecision Medicine
 層別化医療の実施イメージ
 層別化医療を予防的・先制的医療へ
◆学習のまとめ
◆Checkしてみよう

個人利用:〇 組織利用:〇 改変:〇 マスタデザイン変更:無料 ※注1

個人による公衆送信への利用が可能です。
ご自身のセミナー・講義、動画配信などでも活用いただけます。
医療機関、製薬企業、大学など、企業・団体の組織内での利用については、eラーニング使用、オンライン講義など、組織内配信を対象とした送信権も含みます。ただし、組織外を対象とした配信はできません。
著作権は放棄していませんが、コンテンツの追加、改変も可能です。
ご希望があれば、教材のマスタデザインを無料でご指定のものに切り替えて納品いたします。
※注1 マスタデザイン変更に対応していない商品もあります。

グラフィック・メディスンで学ぶ倫理カテゴリのコンテンツは上記適応となりません。

通報する

関連商品

Copyright © 倫理教材Lab.(ラボ). All Rights Reserved.