在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
  • 在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
  • 在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
  • 在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
  • 在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
  • 在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
  • 在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
  • 在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
  • 在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
  • 在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
  • 在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識

在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識
【音声付】fms_在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識.zip

¥220,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(23818364 バイト)

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「medicaleducation.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「medicaleducation.co.jp」を許可するように設定してください。

Product Info

 「在宅医療」ときくと、いわゆる寝たきりの状態になってしまった高齢者の医療、末期がん患者さんが最期のときを自宅で過ごすための医療、そんなイメージを抱く人も多いかもしれません。つい高齢者や看取りに目が行きがちですが、さまざまな年齢の、さまざまな疾患を抱えた患者さんが、在宅医療を受けながら日々の生活を送っています。
 在宅医療に関わりたいと思いながらも、まずはどこに行って誰と話をすればいいのかわからず、ためらっているMRも多いのではないでしょうか。
 この教材を通して、どんな患者さんがどこに居て、誰がどのように患者さんをみているのかを知り、在宅医療分野へ踏みだすための手がかりを見つけましょう。

教材仕様

フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
備考36枚 解説ノート付
再生時間:約23分
発行月:2021年9月

目次


◆本編の前に
 ◎在宅医療を受けた経験についてのアンケート調査
 ◎「訪問診療」と「往診」の違い
◆在宅医療の基本的な知識
 ◎在宅医療を受けるのはどんな患者さんか?
  在宅医療を受けた推計外来患者数の年次推移
  訪問診療を行っている原因の病名(複数回答)
  年齢階級別にみた在宅医療を受けた推計外来患者数(2017年10月)
  在宅の医療的ケア児の推計値(0~19歳)
 ◎在宅医療を受ける患者さんはどこにいるのか?
  高齢者が療養する施設の特徴
  高齢者向け住まいの概要
 ◎在宅医療は誰が提供しているのか?
  在宅患者訪問診療料の算定件数推移(病院・診療所別)
  在宅医療サービスを実施する一般診療所の施設数
  すべての在支診が満たすべき基準
◆訪問看護と訪問薬剤管理
 ◎「在宅医療」は「訪問診療」だけではない
  在宅医療で受けられる主なサービス
 ◎「訪問看護」を受ける患者さんをイメージする
  訪問看護のしくみ
  特掲診療料の施設基準等別表第7に掲げる疾病等の患者
  特掲診療料の施設基準等の別表第8に掲げる状態等の患者
  訪問看護利用者(医療保険の「訪問看護療養費」を算定した者)の主傷病
 ◎「訪問薬剤管理」とはどのようなものか?
  在宅医療における薬剤師の主な役割
  在宅対応のケース別実施実績の有無(薬局調査)
  簡易懸濁法のメリット
  在宅協力薬局による業務
◆地域医療計画でみる在宅医療
 ◎地域の在宅医療のこれから
  在宅医療の提供体制に求められる医療機能
  内閣府の世論調査(「地域社会の暮らしに関する世論調査」)
  在宅医療についての医療計画におけるアウトカムの評価指標の例
 ◎MRの皆さんへ
◆出典

個人利用:〇 組織利用:〇 改変:〇 マスタデザイン変更:無料 ※注1

個人による公衆送信への利用が可能です。
ご自身のセミナー・講義、動画配信などでも活用いただけます。
医療機関、製薬企業、大学など、企業・団体の組織内での利用については、eラーニング使用、オンライン講義など、組織内配信を対象とした送信権も含みます。ただし、組織外を対象とした配信はできません。
著作権は放棄していませんが、コンテンツの追加、改変も可能です。
ご希望があれば、教材のマスタデザインを無料でご指定のものに切り替えて納品いたします。
※注1 マスタデザイン変更に対応していない商品もあります。

グラフィック・メディスンで学ぶ倫理カテゴリのコンテンツは上記適応となりません。

通報する

関連商品

Copyright © 倫理教材Lab.(ラボ). All Rights Reserved.