医薬品による薬物依存
  • 医薬品による薬物依存
  • 医薬品による薬物依存
  • 医薬品による薬物依存
  • 医薬品による薬物依存
  • 医薬品による薬物依存
  • 医薬品による薬物依存
  • 医薬品による薬物依存
  • 医薬品による薬物依存
  • 医薬品による薬物依存
  • 医薬品による薬物依存

医薬品による薬物依存
fms_【音声付】医薬品による薬物依存.zip

¥220,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(30861012 バイト)

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「medicaleducation.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「medicaleducation.co.jp」を許可するように設定してください。

Product Info

医薬品も薬物依存症の原因薬物となることを知っていますか?

「薬物依存」と聞くと、覚醒剤等の違法薬物、危険ドラッグ等を連想しますが、薬物依存を引き起こす薬物はこれに限らず、医薬品が乱用され、薬物依存症の原因となることがあります。
薬物依存はどのように起こるのか、注意が必要な医薬品にはどのようなものがあるのか、医薬品に携わるMRとして必ず押さえておくべき知識を改めて確認しましょう。

教材仕様

フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
ナレーション:あり
ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
備考:スライド37枚 解説ノート付
再生時間:約20分
発行月:2020年12月

目次


◆薬物依存の基礎知識
 依存症のひとつである薬物依存
 国際疾病分類(ICD-10)による分類
 依存症の診断基準
 薬物乱用・薬物依存・薬物中毒の関係
 「薬物乱用」とは
 「薬物依存」とは
 「薬物中毒」とは
 依存形成作用を持つ薬物の種類と特徴
 依存に関係する脳の神経系
 モルヒネによる精神依存形成機構
 薬物依存症の治療
◆依存性のある薬物に関する法律と取扱い
 依存性物質の規制に関する法律
 危険ドラッグ対策としての法整備
 規制強化による危険ドラッグ実販売店舗の撲滅
 向精神薬の分類
 ベンゾジアゼピン系薬物の常用量依存への注意
 規制医薬品の添付文書記載ルール
 市販薬でも薬物依存のおそれがある
 「濫用等のおそれのある医薬品」の販売ルール
◆医薬品による薬物依存の実態
 医薬品による薬物依存症の患者数は不明
 薬物関連精神疾患の原因となった薬物
 睡眠薬・抗不安薬は横ばい、市販薬は増加
 市販薬関連障害患者は依存症候群が非常に多い
 一般用医薬品による薬物依存の実態調査
 国の薬物乱用防止対策
 薬物依存防止への製薬企業とMRの役割
◆学習のまとめ
◆Checkしてみよう

個人利用:〇 組織利用:〇 改変:〇 マスタデザイン変更:無料 ※注1

個人による公衆送信への利用が可能です。
ご自身のセミナー・講義、動画配信などでも活用いただけます。
医療機関、製薬企業、大学など、企業・団体の組織内での利用については、eラーニング使用、オンライン講義など、組織内配信を対象とした送信権も含みます。ただし、組織外を対象とした配信はできません。
著作権は放棄していませんが、コンテンツの追加、改変も可能です。
ご希望があれば、教材のマスタデザインを無料でご指定のものに切り替えて納品いたします。
※注1 マスタデザイン変更に対応していない商品もあります。

グラフィック・メディスンで学ぶ倫理カテゴリのコンテンツは上記適応となりません。

通報する

関連商品

Copyright © 倫理教材Lab.(ラボ). All Rights Reserved.