介護ロボットの開発推進と倫理的考察
  • 介護ロボットの開発推進と倫理的考察
  • 介護ロボットの開発推進と倫理的考察
  • 介護ロボットの開発推進と倫理的考察
  • 介護ロボットの開発推進と倫理的考察
  • 介護ロボットの開発推進と倫理的考察
  • 介護ロボットの開発推進と倫理的考察
  • 介護ロボットの開発推進と倫理的考察
  • 介護ロボットの開発推進と倫理的考察
  • 介護ロボットの開発推進と倫理的考察
  • 介護ロボットの開発推進と倫理的考察

介護ロボットの開発推進と倫理的考察
fms_介護ロボットの開発推進と倫理的考察.zip

¥198,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(1259023 バイト)

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「medicaleducation.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「medicaleducation.co.jp」を許可するように設定してください。

Product Info

介護ロボットについて、考えてみませんか。

MRの皆さんは、薬物治療を中心とした医療の場が活躍のフィールドであるという意識が強いことでしょう。しかし、医療と介護の切れ目のない連携が進められるいま、MRも介護分野についての国の動向は押さえておく必要があります。
この教材では、国家戦略として進められている介護ロボットの開発・普及について、そもそもロボットを介護に使用することはよいことか?といった倫理的妥当性等、倫理的な視点からも考察していきます。

教材仕様

フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
備考41枚 解説ノート付
発行月:2019年9月

目次


◆介護ロボット開発推進の背景
 大きく拡大するであろうロボット産業市場
 右肩上がりの介護ロボット市場予測
 介護ロボット進展の裏にある超高齢・少子社会
 2040年までの人口構造の変化
 介護人材の需給ギャップ
 介護職の離職率は改善するも増加する不足感
 総合的な介護人材確保対策の主な取り組み
 喫緊の課題である介護従事者の腰痛予防対策
 介護職員の離職理由として多い腰痛
 国家戦略に位置づけられた介護ロボット開発
 「ロボット新戦略」が目指す2020年の姿
 現場ニーズに応える介護ロボット開発推進へ
◆介護ロボット開発の現状と現場の声
 「介護ロボット」の定義
 省庁連携で進める介護ロボット開発
 ニーズとシーズのマッチング
 現在のロボット技術の介護利用における重点分野
 介護報酬で評価される介護ロボットの導入
 介護ロボットに対する現場の声(導入効果)
 介護ロボットに対する現場の声(職員への効果)
 介護ロボットに対する現場の声(被介護者)
 介護ロボットに対する現場の声(導入意向)
 介護ロボットに対する現場の声(未導入理由)
◆介護ロボットを巡る倫理的課題
 介護ロボットの安全性の確保
 介護ロボット実証試験における倫理審査
 各種指針の倫理的視点
 ロボットによる介護はよいことか?
 介護ロボットの利用を国民はどう捉える①
 介護ロボットの利用を国民はどう捉える②
 介護ロボットの利用を国民はどう捉える③
 高齢者に対する虐待防止策としての期待①
 高齢者に対する虐待防止策としての期待②
 新たな技術には新たな倫理的課題が
◆学習のまとめ
◆Checkしてみよう

個人利用:〇 組織利用:〇 改変:〇 マスタデザイン変更:無料 ※注1

個人による公衆送信への利用が可能です。
ご自身のセミナー・講義、動画配信などでも活用いただけます。
医療機関、製薬企業、大学など、企業・団体の組織内での利用については、eラーニング使用、オンライン講義など、組織内配信を対象とした送信権も含みます。ただし、組織外を対象とした配信はできません。
著作権は放棄していませんが、コンテンツの追加、改変も可能です。
ご希望があれば、教材のマスタデザインを無料でご指定のものに切り替えて納品いたします。
※注1 マスタデザイン変更に対応していない商品もあります。

グラフィック・メディスンで学ぶ倫理カテゴリのコンテンツは上記適応となりません。

通報する

関連商品

Copyright © 倫理教材Lab.(ラボ). All Rights Reserved.